ワイン

Georges Duboeuf Syrah 2012 ジョルジュデュブッフ アドリアンセレクション シラー
国・地域 フランス
メーカー・ブランド ジョルジュ・デュブッフ
味・タイプ 1 赤ワイン
味・タイプ 2 シラー
試飲年 2015年
試飲月 7月
画像1 画像2
紹介文
うきうきワインの玉手箱さんのセット
で購入した一本です。
今はセットに入っていないみたいですね。
ボジョレーの帝王と言われるジョルジュデュブッフの、多分セパージュコレクション?
シラーです。
(ちなみにグラスも以前にボジョレーヌーヴォーの景品でもらったグラスにしてみました)

この夏の暑いさなかに、逆にシラーというのもいいのかな、と(勝手な印象ですが、シラーはパワフルな印象なので)肉を食べたくなったついでに開けて見ました。

syrah-2色合いはかなりはっきり、こってりした濃さを感じます。
香りも、ダークチェリーとか、サンダルウッドのような、少し奥行きのある複雑な香りに、少しフルーティさが乗った感じの香り。

温めたくないと思うあまりに少し冷やし過ぎてしまいましたが、室温も高いのでみるみる適温に上がってきました(笑)
味わいは軽やかな酸味に、あとからあとから、香りが追いかけてくる感じです。

後味には少し苦みが残ります。
アルコール分は13%。

2015.7.30

更新日時 2015/11/14/14:43:23

木下インターナショナル ピンクグレープフルーツ・スパークリングワイン
国・地域 日本
メーカー・ブランド 木下インターナショナル
味・タイプ 1 フルーツワイン
味・タイプ 2 ピンクグレープフルーツ
試飲年 2015年
試飲月 7月
画像1
紹介文
よく行くスーパーで、その色のかわいらしさにほとんど衝動買い。
多分書いたことなかったから、っていうのもあるけど。

ミニサイズのこのシリーズ、色がそろってたりするとすごくきれいだし、おしゃれな感じだし、しかも飲みきりサイズだし、っていうことで、多分根強く人気のある商品なのでは? と思います。
木下インターナショナルと言えばマルチ・ヴィタビーノが有名ですが、あれもこのサイズだとすごく黄色が映えてきれいですよね。

さてこちら、せっかくのこのサイズなので、グラスに移さずに飲みました。
一時期こういうボトルをストローで飲むのが流行ったりしましたね(遠い目)

香りはワインっぽい醸造香がしっかりあるのですが、味わいは酸味が強く、後味に残るほんのりとした苦みがグレープフルーツっぽい。
でも何か言われずに飲んだら何か悩んでしまうかもしれませんね。

上述の苦みと酸味がしっかりしているので、このサイズはあっという間に飲み干してしまいます。
アルコール分は8.5%です。

2015.7.20

更新日時 2015/11/14/14:42:05

Artiga Fustel La Flauta アルティガ・フュルテス・ラ・フラウタ・ブリュット
国・地域 スペイン
メーカー・ブランド アルティガ・フュルティス
味・タイプ 1 スパークリングワイン
味・タイプ 2 中口
試飲年 2015年
試飲月 7月
画像1
紹介文
タカムラワインハウスさんのセット
で購入したうちのなかのスパークリングワインです。
スペインのマカベオ60%とアイレン40%のワイン。
夏のこの時期、ワインは飲もうと思っても結構チョイスに悩んでしまって、結局飲まなかったりするのですが、今回はどうしてもワイン、それもスパークリング! な気分だったので、開けました。

瓶はきれいなグリーンで、透明シールに金色のロゴが入っています。

香りは林檎のような甘くてはなやかな香り。
甘みがあるわけではないのですが、香りが華やかな上にこってりしたコクのある味わいなので、ブリュットとはいえ「甘い?」と錯覚してしまうほどです。

今年の初ももモッツアレラに合わせて頂きましたが、アップルパイなどにもさっぱりと合わせやすそうな味わいでした。

アルコール分は10%です。

2015.7.17

更新日時 2015/11/14/14:41:04

Trovati Nero d'avola Terre Sichiliane 2012  トロヴァティ・ネロ・ダーヴォラ IGT
国・地域 イタリア シチリア
メーカー・ブランド トロヴァティ
味・タイプ 1 赤ワイン
味・タイプ 2 ミディアムボディ
試飲年 2015年
試飲月 6月
画像1 画像2
紹介文


trovati-1うきうきワインの玉手箱さんのセット
で購入した一本です。
今サイト見ると、もうこれは入っていないようですね。
IGTシチリアのようです。

輸入元は日本酒類販売。
サイトアドレスが書いてあったので、こちらにでも商品情報あるかな?と思いましたがないみたい。
http://www.winenomado.com/

キャップはスクリューキャップで、買ったときの商品名には「フレンチオーク6か月」の表記はあったのですが、基本はカジュアルなワインのようです。
ちょうどイタリアのおいしいサラミを手に入れた時なので、赤ワインな気分になって、開けて見ました。

色合いには少しオレンジ色が混ざり、ここで開けて良かったかなと。カジュアルなタイプなので、やっぱり買ってすぐに飲んでいく方が良いのでしょうね(買ったのは2014年の9月)

香りはちょっと熟したドライフルーツのような香りが強く、無花果や、くせのあるレーズンといったところでしょうか。
複雑というほどの香りではないのですが、少し上等な醤油のような熟成の香りもあります。

渋みは柔らかく、酸味はほどよく、香りが少し弱くてシンプルなこと以外は、結構美味しいかなぁと。
サラミの肉臭によくマッチしていました。

2015.6.26

更新日時 2015/11/14/14:39:37

Mastio Loggia Gran Cuvee Vino Spumante Brut NV グラン・キュベ・スプマンテ・ブリュット・ピローヴァノ
国・地域 イタリア ロンバルディア州
メーカー・ブランド マスティオ・ロッジア
味・タイプ 1 辛口スパークリング
味・タイプ 2 ガルガーネガ
試飲年 2015年
試飲月 6月
画像1
紹介文
タカムラワインハウスさんのセット
で購入した中の一本です。

日々暑くなって来て、スパークリングワインがテッパンの季節になってきました。
今日はちょっと涼しいのですが、明日が休みで、ちょっとそういう気分だったので、こちらを頂きました。

こちらはイタリアのスプマンテ。ロンバルディア州のワインのようです。
サイト情報によると使用品種はガルガーネガ100%とのことです。

瓶はかなり太めの、しかもかなり重たい瓶です。
急速に冷やす巻くタイプの保冷剤を使ったのですが、こちらが入らないのではないかと思うほど。
ラベルのデザインは黒と金色でシックな色使い&デザインです。

中身の色合いはやや薄め。
香りはりんごのような、少し甘目の香りと、少し花のような香りもあります。全体的にはやさしい感じのバランスです。

甘みはほのかにありますが、酸味が香りに比して割としっかりあり、単独でも良し、料理にも合わせても良し、という感じ。
でも無個性とか薄いというわけでもない。
気軽に飲めるこの時期にぴったりのスプマンテでした。

アルコール分は11%です。

2015.6.5

更新日時 2015/11/14/14:37:47

Chateau de Durfort A.O.C Corbieres 2011 シャトー・ドゥ・ドゥルフォール AOCコルビエール
国・地域 フランス コルビエール
メーカー・ブランド Chateau de Durfort シャトー・ドゥ・ドゥルフォール
味・タイプ 1 赤ワイン
味・タイプ 2 ミディアムボディ
試飲年 2015年
試飲月 5月
画像1 画像2
紹介文
タカムラさんのワインセット
で購入したうちの一本です。
フランスのコルビエール。本日ローストビーフを久しぶりに自家製したので、それに合うものを在庫から探してみました。
ラベルの裏には豚の角煮などに、というオススメが書いてあります。

ラベルは黒に金の文字。
分かりやすい表示と、左上に金賞の丸いアイコンがついています。

使用の葡萄品種はシラーとグルナッシュ。
適度にスパイシーさもありつつ、果実味の多いワインを想像してこちらをセレクトしました。

durfort-2中身の写真はどうしてもピンボケ。
大分古いカメラなのと、色合いの加減だと思うのですが、相当撮ったのにどうしてもピントが合わないので(グラスを左手で持っているので、右手オンリーでシャッターを押さないといけないんです)、色合いだけ一番分かりやすい一枚をチョイスしました(三脚たててマニュアルで合わせれば行けると思いますが、そこまではしていません……)

と、写真の言い訳をしつつ、こちら、香りは思ったよりもおとなしい感じ。
ただ、渋みはそこまででもなく、適度に果実味、という希望はかなり叶えてもらいました。
もう少し骨太でも良かったかなと思ったり。酸味、後に残る香りも適度にあって、美味しくいただけました。
香りはかろやかなチェリーとかベリーの香り。

料理と合わせる時に、例えば今回のローストビーフだとか、まぁ例に上がっていた角煮だとかの場合に、2パターンあると思うのですが、がっつり組み合って、もみあって、という感じの組み合わせと、脂をさらっといなして流し込む感じにするというパターンで言えば、このワインは後者のタイプですね。
気取って「うーん、この香りが」とか言うのではなく、「わーおいしー(ぐびぐび)わーおいしー(もぐもぐ)」みたいな(笑)

お値段も手ごろでしたが、タイプとしてもカジュアルにバランスが取れている、という感じの一本でした。
アルコール分は13.5%です。

2015.5.7

更新日時 2015/11/14/14:34:52


++HOME++  ブログ
TOP
shiromuku(h)DATA version 3.50